海外事業

日本の技術と食文化を世界へ。

ロサンゼルスに現地法人K2S US CORP.を設立し、ドイツへ販売代理店を構え、海外へ各種鉄板製品の輸出や、飲食店経営及び出店サポートを行っています。

現地で使用されている鉄板のクオリティーは低く、使い易さや耐久性、機能性など、日本の製品に比べると問題も多く、劣るのが現状です。
私たちは質の高い日本製の鉄板や厨房機器を世界中へ輸出し、今までなかった日本の鉄板製品を日本食文化と共に拡める事を目指しています。

また、近年では世界でも日本食ブームと位置づけられていますが、世界で日本食が認知されているのは極一部で、現状はメディアで目にするほどのブームとは言えません。まだまだ日本食は高級で敷居が高く、一般には根付いていません。
私たちは鉄板を使った広島のお好み焼を中心に、リーズナブルな日本の食文化を世界中の日常に浸透するように取り組んでいます。

私たちの強み

国内鉄板機器メーカーで唯一北米のULやヨーロッパのCEマーキングを取得しているため、海外へスムーズに鉄板機器の輸出業務を行うことが可能です!

海外へ日本の鉄板機器を輸出する際は、必ずその国の安全規格に応じた認可が必要になります。この認可を取得するにはたくさんの時間と費用がかかってしまいます。

ケーツーエスグループではすでに各国の規格を取得していますので、日本の鉄板機器を海外へスムーズに輸出する事が可能です。輸出の際の煩わしい手続きも弊社が全面サポートいたしますのでご安心ください。

また輸出後の現地での設置や試運転、取り扱い説明やメンテナンスのやり方などのフォローもさせて頂きます。

<各種国際安全規格の取得>

ケーツーエスグループは日本の鉄板機器を海外へ輸出する場合に、関輸出相手国の法規に合わせた安全設計で、試験や検査及び認証を取得しています。


米国/ULマーク(安全認証)

アメリカ合衆国イリノイ州 ノースブルックに本拠を構え、機能と安全 性の規格基準を設定し、試験、検査および認証を行う企業。


米国/IAPMO(国際配管・機械協会)

米国のカリフォルニア州に設立され、製品の安全性についての規定と基準を制定し、製品試験、認証業務を行っています。


欧州/CEマーキング

CEマーキングは、ヨーロッパ欧州連合(EU)のEU指令の安全規格に製品が適合していることを示すマークです。

海外で日本製の鉄板機器が求められる理由

業務用の鉄板は世界各地にメーカーがあり様々な鉄板が存在します。ですが、なぜ日本製の鉄板が求められるのでしょうか。その4つの理由をご紹介します。


<理由1>高性能・高品質

Made in Japanの日本製ブランドならではの高性能で高品質です。故障やトラブルの少ない安心設計です。


<理由2>省エネ仕様

従来の電気鉄板よりも電気料が抑えられるため毎月のランニングコストが安くなります。


<理由3>カーボンランプ仕様

弊社の鉄板はカーボンランプを使用した熱源で世界へ輸出及び販売しているのは弊社だけです。


<理由4>カスタマイズが可能

厨房状況に応じて鉄板の幅広いサイズ調整が可能です。6メートルの長い大型鉄板も製作が可能です。

海外での活動・取り組み

全米最大規模のレストラン見本市 NRA SHOW ~シカゴ国際レストラン外食産業展~

米国レストラン協会(NATIONAL RESTAURANT ASSOCIATION)主催の全米最大規模の外食産業見本市NRA SHOWに2014年と2015年に業務用鉄板機器の部門にて出展いたしました。
ここでは世界中のドリンク・食品・キッチン用品・備品・家具・装飾品・新技術・ユニフォームなど950のカテゴリーから様々な出展がされています。
弊社の鉄板製品をはじめ、試食で焼いた広島お好み焼や餃子、たこ焼きなどもたくさんの方に興味を持って頂きました。

飲食事業及び海外出店サポート業務

直営店による海外への出店・運営で学んだ経験と実績で出店サポートを行っています。

アメリカはロサンゼルスに直営店であるお好み焼店「CHINCHIKURIN」を2店舗展開しています。私たちは今後も店舗拡大に努め、リーズナブルで身近な日本食である「広島お好み焼」を世界中へ拡めることに日々取り組んで参ります。

ここに至るまでには、日本から海外への出店の際に必要な様々な手続きや仕組み、または予想もしていなかったトラブルなどたくさんの問題がありました。その幾多の問題を乗り超え、たくさんの経験を積み重ね、海外への出店・運営のノウハウを学びました。
私たちはその培った経験を活かし、お客様の海外出店のサポートを行っています。出店プランニングから現地での業者手配、鉄板の輸出・搬入、オープン前後のフォローなど各面でのサポート体制を整えております。

また、お好み焼・鉄板焼業態に関しては、現地から日本への研修生の受け入れ体制もご用意しております。

<出店の流れ>

  1. 現地視察打ち合わせ
  2. ご提案
  3. 設計・製作
  4. 輸出・搬入
  5. 施 工
  6. 試運転オープン

※工事に関しては現地の業者様と連携して行います。

現地人の研修をご希望する場合

  1. 実店舗研修(2週間~3ヶ月程度)
  2. 帰 国
  3. 準備オープン

<直営店>

CHINCHIKURIN

「広島のお好み焼を世界へ」

世界中に広島のお好み焼を拡めるため、アメリカの中でもたくさんの人種が生活するロサンゼルスに本拠地を置き、日々たくさんの人に広島のお好み焼を食べていただいています。まずはここロサンゼルスから「広島お好み焼」の情報を発信して、世界中の人に認知していただけるよう運営しています。
それと同時にお好み焼には欠かすことのできない「日本の鉄板」の普及にも取り組んでいます。


ロサンゼルス ソーテル店

2119 Sawtelle Blvd., Los Angeles


ロサンゼルス リトルトーキョー店

350 E. 1st Street,Los Angeles